三野原病院トップページ  >>  お知らせ
お知らせ
リベンジ祖母山

理事長だより  第五十六回 「リベンジ祖母山」

 

 2019年5月の走行距離は217kmでした。月の走行距離が200kmを超えるのは久しぶりです。以前の記録をめくってみると・・・・2016年の10月の220km以来でした。順調に距離が伸びて、なんとプラス112kmになりました。

先月は学会ついでに名城公園ランを楽しみましたが、5月も学会にでかけて大阪城公園ランを楽しみました。広いし、大阪城は立派だし・・・周回コースで走る場合は、反対方向からも走ると違った景色が楽しめお得です。
IMG_3083

 

 さて、百名山の一つ・・・祖母山に登ってきました。実はこの1ヶ月前に祖母山登山にチャレンジしていたのですが、その時は5合目まで登って引き返してしまいました。なぜ、引き返さざるを得なかったのか・・・・断念した理由は色々とあります。まず、北谷登山口までの道が工事中のため駐車場から往復1時間余分にかかったこと・・・計画していた時間が大幅に変更になってしまいました。そして、とても寒かった・・・・山頂は−8度だったそうです。登山道はいたるところに霜柱が出ていて・・・「ギュッギュッ!」と踏みしめて登るのは楽しかったのですが。
IMG_2944
立派な霜柱

 吐く息は白く、途中、冷えた体を温めようとガスバーナーでお湯を沸かそうとしたら・・・・ガスが少ししか出てこない?!(後で知ることになるのですが、家で使い切って捨てようと火をつけるとゴーゴーと元気よく炎が上がり、このガスが寒冷用ではないことを知りました)。結局ぬるま湯しかできず・・・これをカップ麺に注いで、冷めるのも嫌なので固い麺をバリバリ頬張りながら食べました。元祖長浜ラーメンで「ハリガネ」と言って注文している人いますが、きっとそれより固いでしょう。そんなことを思って食べていたら・・・私の心の中の何かがぽきっとおれて、下山してしまいました。

さて、1ヶ月後、リベンジです。なんと北谷登山口までの道は工事を終えていました。綺麗なアケボノツツジが咲いて、良い天気、気持ちいい気候・・・1ヶ月前とは雲泥の差。登山を満喫できました。
IMG_3052
アケボノツツジ満開です

IMG_3031

祖母山1
祖母山2
活動時間:4時間46分、移動距離:8.1km、累積標高:771m

IMG_2945
南阿蘇からの阿蘇山・・・こんな景色を毎日見れたら・・・

ささぐりの里『買物ツアー』にいってきました。

  6/6(木)、イオン福岡東ショッピングセンターへ入居者さま9名、篠栗町のボランティアさん6名、職員6名で「買物ツアー」へでかけました。

DSCN6742  DSCN6775

当日はお天気にも恵まれ、道中から季節を感じていただくことが出来ました。イオンではおいしい昼食におなかも気持ちも満たされ、その後はみなさま買物を楽しまれたり、コーヒーショップで一息つかれたりとそれぞれに楽しんでいただくことが出来ました。車椅子で生活されている入居者さまにもバスに乗っていただき、外出することの楽しさを味わっていただけました。

DSCN6761  DSCN6793

次回は10月に開催を予定しています。

入居者さまにより一層楽しんでいただけるよう、職員一同尽力していきたいと思います。

介護付有料老人ホーム ささぐりの里

ケアワーカー 中神

篠栗小学校に『認知症』についてお話してきました。

グループホームひだまりと篠栗小学校の交流が始まり10年以上の月日が経ちました。

施設の職員がゲストティーチャーとして、小学校へ出向き、直接子供たちに、グループホームとはどんな施設で、そこにはどのような高齢者がどんな気持ちで生活しているのか知ってもらうことで、高齢者の体のこと、心のこと、そして認知症のことを子供たちと一緒に考え、学習する時間となりました。

グループホームひだまりが、地域とつながった施設であるために、そして認知症専門の施設として今後、より一層、地域住民や子供たちとの交流が図れる仕組みを考えていきたいと思います。

DSCN6671 DSCN6674


【子供たちの声より】

20180707 笑顔で挨拶することで、どれだけ元気になってくれるのかが、今から楽しみ!

20180707 自分がお手伝いをすることで、お年寄りの方がどれだけ喜んでくれるのか見てみたい!

20180707 将来の夢で医学の道に進みたいので勉強したい!

20180707 自分にも認知症のおばあちゃんがいるのですが、自力でお手伝いができるようになりたい!


子供たちなりに高齢者のことを考えていて、小さいながらも、自分に何ができ、何をすれば喜んでくれるのかを考えていてくれて、介護の根本を逆に学ぶことになりました。篠栗小学校とグループホームひだまりは目と鼻の先にあり、とても良い環境なので今後もより一層の交流が図れるような企画を考えたいと思いました。

今年は6月に2回、10月に2回の四年生との交流会を予定しています。

グループホームひだまり

管理者 廣瀬

来院案内
受診
外来
入院
もの忘れ
透析
治療食
歯科
レスパイト入院のご案内
コグニサイズについて
ルート送迎バスのご案内
禁煙外来
院内処方にこだわる理由