医療法人泯江堂三野原病院
三野原病院トップページ  >>  お知らせ
お知らせ
H30年6月 職員の一言

<H30.6.4> 正看護師

昨日、あじさいを見に箱崎宮へ行ってきました。そこに良い言葉があったので、読みたいと思います「目に見えぬ、真の心に通うこそ。人の心、誠なりけり。人はとにかく、目に見えることだけにとらわれやすいものであるが、目には見えない神の心に、通うことこそ、本当の誠というものである。」明治天皇が書いた言葉です。私はこの言葉で、心にズンとくるものがありました。皆さんにも聞いてもらい、どう感じられるか気になったので、読ませていただきました。どう思われますでしょうか。

<H30.6.11> 事務員

私はあと3年で60歳を迎えます。今まで、育児、家事、両親と主人の介護など、ものすごくではないのですが人並みに頑張ってきました。先日、21歳の子どもに「僕はお母さんの子供でよかった~。」と嬉しい言葉をいってもらえたので育児はある意味成功していると思いますし、両親と主人の介護に関しては、家族、近所の人、親戚から「いつもありがとう」「大変やね~」と本当にそう思っているかは別として、一応お礼や労いの言葉をもらいます。私個人としては、60歳を過ぎると人様になんといわれても、自分がしたいことをしても良い年齢だと思っています。自分がしたいことといえば、例えば、勉強したい人、趣味に力を入れたい人、おしゃれをしたい人、仕事を続けたい人など人それぞれだと思いますが、私の場合は「いい年して」といわれても韓国の東方神起というグループのライブツアーに行き続けることです。でも、それも馬鹿にできません。なぜなら、ライブツアーに行き続けるには、まずライブ中にずーっと立って踊れる体力が必要です。それには毎日のウォーキングは欠かせません。そして、若い人に交じって東京や大阪など日本全国に行くのでおしゃれもしなくてはなりませんので、洋服が似合うようにダイエットの努力やお肌の手入れも必要です。そしてそして、何より大切なものはお金です。東方神起の所属事務所の戦略にうまく乗せられて、CD、DVD、グッズも買わなくてはいけません。そのためには、三野原病院をクビにならない程度に仕事をし続けることも大切です。そのためには、仕事上の勉強もしなくてはなりません。60歳を超えても、ライブツアーに行き続けるために、しなくてはならないことが①体力作り②おしゃれ③仕事を続けたい④勉強するという4つの目標ができるのです。一石二鳥ではありませんか?何歳になっても目標を持ち続けることはありがたいと思います。皆さんも子育てや育児、介護などお忙しいとは思いますが、いつかくる60歳のためにも頑張ってください。

<H30.6.18> ケアワーカー

私は今年で入職して10年が過ぎ、11年目に突入致しました。最初はここまで長く勤められると思っておりませんでしたが、諸先輩方やいろいろな方の支援のもと、なんとか10年務めることができました。またこれからも続けていきたいと思いますので、皆様方いろいろなご指導のほどよろしくお願い致します。

<H30.6.25> 介護福祉士

皆さんは梅干しをつけた事がありますでしょうか?私は今年初めて梅干し作りにチャレンジしています。スマホや昔の本をひっぱりだし、又、同僚や患者様の意見を参考にしながら作っています。梅は熟した傷のない物を選びます。洗った梅をふいて、おけ等に入れ、塩を梅に対し、18%位使います。お好みです。何回かにわけ、塩をふって混ぜたあと、梅の二倍以上のおもしをのせ、寝かせます。次にシソも必要です。シソに塩をふり十分にもみこみます。あくがでるまでしっかりもみます。もんだあと、梅酢があがってきた梅の上にシソを置きます。すると色づいていきます。このシソを入れて、梅に着色するという行程は、江戸時代にはじまったそうです。残る作業工程は梅を干す作業です。梅雨あけに雨がふりそうにない天気の良い日3日間を選び干します。あとはできあがりを待つのみです。今は寝る前に梅を毎日チェックしています。できあがりが楽しみです。皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

H30年5月 職員の一言

<H30.5.7> 準看護師

私が三野原病院で働きだしたのは、平成21年3月で下関から福岡に引っ越してきたときでした。当時は一歳になったばかりの娘を託児所にあずけて、新しい仕事にドキドキしていたのを思い出します。あれから9年が経ち、1歳だった娘も10歳になり弟の面倒をよく見るお姉ちゃんになりました。今回二人目を出産し、育児休暇を終え、仕事復帰致しました。透析室で、約7年の勤務を経験し、今回初めて病棟勤務となりました。新しい仕事にドキドキしていますが、一生懸命頑張りますので、よろしくお願い致します。

<H30.5.14> ケアワーカー

昨日は母の日でしたね。皆様は、お母さんに日頃の感謝を伝えましたか?私の子供たちは小さいころ幼稚園で絵を描いてくれたり、折り紙を使って花を作ってくれました。子供たちが社会人になり、お給料をもらえるようになったら、ごはんを食べに連れて行ってくれるようになりました。いつもありがとうという言葉ももらって、感動の一日でした。

<H30.5.21> 看護師

先月東京に行ってきたのですが、そこで電車を利用する際、駅で迷っていたら駅員さんの方から困っていた私に声をかけてくれました。切符を買うところから改札口まで丁寧に案内をしてくれ、その対応にとてもうれしい気持ちになりました。そして次の日、また別の駅で迷ってしまったのですが、近くに駅員さんがいたので切符売り場を訪ねると不愛想な顔であっちですよと指をさされただけでした。昨日の方とは違う対応に少し嫌な気持ちになりました。おそらく二度と会うことはない他人の対応にこんなに気持ちが左右されるとは思いませんでした。皆さんも一度は経験あるんではないでしょうか。日々の仕事の中で、自分と関わる患者様やその家族に対し、常に機嫌の良い自分を心がけ、初めの駅員さんのように相手に良い印象を与えられる看護師でありたいと思いました。

<H30.5.28> ケアワーカー

先日子供と出かけたとき、モスキート音が聞こえ、耳が痛いと言っていました。私は全く聞こえず、携帯で聞けると聞いたので聞いてみたのですが、やはり聞こえませんでした。モスキート音とは、17キロヘルツ前後の高周波音で蚊が耳元で飛んでいるような耳障りな音です。20代前半までの若者にはよく聞こえるので、店の前にたむろする若者たちを退散させるために機器が開発されたそうです。いろいろ聞いて、聞こえたのは、年齢にあった周波音でした。はっきり聞こえたと思った音は「この音が聞こえた人は難聴ではありません」とのことで、結果聞いてみたかった音は聞こえず、難聴ではないということだけわかりました。耳も日々老化しているんだと感じた今日この頃です。皆さんもぜひ、モスキート音で耳年齢チェックをしてみてください。耳だけ若い人もいるそうです。

H30年4月 職員の一言

<H30.4.2> 社会福祉士

皆さんは年度が変わるにあたり、何か目標は立てられたでしょうか。新年を迎えた時に、個人的な目標を立てる方は多いと思いますが、年度変わりに立てる方はいないと思います。3月24日に管理目標があり、各部署で30年度の目標に取り組むことが決まっていると思います。何かを取り組むときには、意識して取り組むことが重要だと思います。そこで今年度意識をしてもらいたいことがありますので、それを伝えさせてもらおうと思います。一つ目は、あいさつです。連携室の職員は、入院予定のご家族の面談をした後に、病院内を案内しております。リハビリ室にいくと、いつも大きな声であいさつをしていて、案内している側としても、とても気持ちがいいです。その他の部署のみなさんにも少し大げさなくらい、挨拶をすることを意識してもらえれば幸いです。もう一つは電話の対応です。電話を受けるときに、受話器を置く前に一度フックを押して切ることを意識してほしいと思います。これは患者様のナースコールを切るときも同じことが言えます。受話器を直接置いて切られた時のガチャガチャという音は、耳が痛いです。ちょっとした気遣いですが、このようなちょっとしたことを積み重ねていくことが大事だと思います。ちなみに私の今年度の目標は、ブログを始めてみようかなと思っています。

<H30.4.9> 介護福祉士

娘が1歳になりまして、奥さんの育休明けで、職場復帰するのに合わせて、先月から三野原病院の託児所を利用させてもらっています。朝から起こしてご飯をあげて着替えさせて連れてくるという生活になかなか慣れないので、朝からバタバタした生活を送っています。託児所でいろいろなお友達と遊ぶようになったおかげか、最近ふと名前を呼ぶと手を挙げて返事をしてくれるようになりました。これからもいろいろなことを覚えて少しずつ成長していってくれたらなと思います。

<H30.4.16> 看護師

以前読んだ本に、毎日料理をすることと時々旅行をすることが勧められていました。なぜなら料理や旅の基本は、だんどりにあり、人が生きる上で不可欠なことを身に着けることができるからだそうです。第一に予測する能力、第二に分類整理をする能力、第三に捨てたり省いたりする決断、第四にひとつづつ事を片付けるという単純化、第五が完全を望まず我慢すること、これらのことは実は人生の生き方のコツそのものだということでした。こうしたことを意識しながら、今回仕事にも取り組んでいきたいと思っています。

<H30.4.23> ケアワーカー

皆さんご存知の方もいらっしゃると思いますが、毎月22日はショートケーキの日、1週間前が15日で、いちご(15)が乗っているからといわれています。いちごの旬といえば、本来は4月から5月。さちのか、とよのかなどいろいろな品種があります。福岡の有名なイチゴといえば、あまおう。赤くて、丸くて、大きく、うまみと酸味が調和した果汁も多いイチゴ。ビタミンCも豊富ですが、キシリトールも豊富です。こんなイチゴの話をしていると皆さんもイチゴが食べたくなったんじゃないでしょうか。そこで皆さん。目をつぶっていただき、イチゴを強く強く念じながら、手を強くたたいてください。そしてその強くたたいた手を匂ってみてください。イチゴの香りがしませんか?もちろんするわけがないですね。たくさんの拍手ありがとうございます。

来院案内
受診
外来
入院
もの忘れ
透析のご案内
治療食
歯科
レスパイト入院のご案内
コグニサイズについて
ルート送迎バスのご案内
禁煙外来
院内処方にこだわる理由