三野原病院トップページ  >>  お知らせ
お知らせ
スポーツエールカンパニー

理事長だより  第五十三回 「スポーツエールカンパニー」

 

 2019年1月の走行距離は192kmでした。とても走りやすい時期です。今年はプラス32kmでいいスタートです。

  さて、「スポーツエールカンパニー」・・・ご存知ですか?平成29年度から始まったもので、社員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取り組みを行なっている企業をスポーツ庁が認定しています。

そして、平成30年度、当法人の活動に対してスポーツエールカンパニーの認定を受けました。
Print

 スポーツ庁によりますと、20代から40代の働き盛り世代のスポーツ実施率は30%台だそうです。少ないですね。仕事、家事、育児が忙しい・・それを理由挙げる人が多いそうです。私も20-30代ではほとんど運動をしていませんでした。仕事が忙しかった?というよりは、もともと運動する習慣がなかった・・それだけです。年々増加する体重に歯止めをかけるべく42歳でランニングをするようになりました。あともう少し体重が落ちたら学生の頃の体重になります・・・・体重が戻っても年は戻れません・・・いやいや、体重だけでも戻しましょうよ。

 当法人の取り組み

泯江堂運動会・・・医療に携わるものとして、自分の健康管理は大切です。体の健康は心の健康にもいい影響を及ぼします。日頃の運動不足の自覚、そして運動のきっかけになればと年に1回行うようになりました。
IMG_1936
玉入れ・・・結構本気になります。

ランニング・・・月に1回有志が集まって走ります。みんなでリレーマラソンやハーフマラソン、フルマラソンにエントリーします。
IMG_2448

フットサル・・・年に2回ほど他企業のフットサルチームと試合します。
IMG_2402

などなど・・・これからも取り組んでまいります。

三野原、三度目、三郡縦走

理事長だより  第五十二回 「三野原、三度目、三郡縦走」

 

明けましておめでとうございます。

 

2018年12月の走行距離は156kmでした。これで、2018年の年間走行距離は1,833kmになります。年間目標1,800kmなので目標・・・なんと達成です。良かったです。平成最後のしめに、「野原、度目、郡縦走」を年末に決行しました。

過去2回の三郡縦走は、「太宰府駅→篠栗駅」で行いました。この場合、まず宝満山の石段で一気に登り詰め、次の三郡山がもっとも標高が高いので後が楽だろう・・・おそらく三郡山以降下りが多いのではないかと考えていました。はたして実際にはどうなのか?今回、逆に「篠栗駅→太宰府駅」でチャレンジすることにしました。

朝、8時前のバスに乗って篠栗駅へ向かいます。都市高速から三郡山地を一望。

IMG_2841 
今回は左から右へ・・・トレランです。

篠栗駅から若杉山まで・・・・・確かに宝満山登山に比べると楽です。コースを選べば結構走れます。更に若杉山からショウケ越えまでも軽快に走れます。逆パターンだとここは疲れきって走るどころではない場所です(あと何回アップダウンがあるのか・・など考えてどんより気分で歩いています)。

ショウケ越えの後、鬼岩谷、砥石山、前砥石山、三郡山、宝満山と続きますが、逆パターンよりは楽だったような気がします。しかし、その後の宝満山の石段が辛かった・・・石段を降りるたびに足に衝撃が・・・本当に辛い。どうにか一の鳥居まできて、そのあとは道路をひたすら走って下り太宰府駅へ到着しました。

IMG_2858
宝満山からの振り返り・・・いい天気です。

結果

「太宰府駅→篠栗駅」コース 6時間15分

「篠栗駅→太宰府駅」コース 5時間29分

今回、46分間短縮できました。どうやら、自分には「篠栗駅→太宰府駅」パターンがあっているように思いました。「太宰府駅→篠栗駅」は初めに体力使いすぎるからですかね?走り終わったあとは、太宰府の茶屋で梅ヶ枝餅とビール・・・ちょっと変ですが、いただきました。

三郡軌跡
活動時間:5時間29分、活動距離:20.78km、累積標高:1,393m

 

さて、2019年・・・本年の目標は・・・月に160km、年間1,920kmを目標とします。それと、三郡縦走の周回コースにチャレンジしようかな。

本年も、よろしくお願いいたします。

クリスマス・チャリティコンサート

理事長だより  第五十一回 「クリスマス・チャリティコンサート」

 

 2018年11月の走行距離は176kmでした。これで貯金は・・・・27kmです。今年は年間に1,800km走る目標です。月に150kmがノルマなので、毎月貯金と借金で考えていると管理しやすかったですね。12月は残り123km以上走れば目標達成です。きっと大丈夫でしょう。

 先日、日本医師会主催の「第5回 医師たちによるクリスマス・チャリティコンサート」が東京で開催され、出演させていただきました。他県にまで出向いて演奏するのは初めての経験です。愛用の12弦ギターを空港で預けるのは若干不安のあるところでしたが、専用のケースに入れていただいて問題なく羽田空港で受け取ることができました。ギターケースに入れていた指板潤滑剤のFinger ease・・・これはスプレーなので、あえなく空港で処分となってしましましたが・・・。

tone-fingereaseこれがあると、べとつかないのですが・・・

東京は人が多い・・・混雑した駅や電車をギターと旅行バッグを抱えたまま、人混みにのまれて階段に突入なんてことになったりします。それに寒かった・・・途中手袋を買いました。

コンサート前日。リハーサルでは沢山のスタッフの方々の手厚いサポートがありとても安心できました。そして懇親会で横倉会長をはじめ他の出演者の方々と親睦を深めました。複数回出演されている方がほとんどで、初めては私だけ?の様でした。

IMG_2812
日本医師会館の大講堂・・立派です

コンサート当日。まずはオープニング・アクトとして富士学苑中学高等学校ジャズバンド部の演奏がありましたが、うーん、うまい・・・うますぎる。その次が私の出番ですが・・・非常に出にくい。ステージに登場した時、照明で客席側は真っ暗・・・一生懸命に話してはいるのですが、闇に向かって話している感じでした。時折闇の中から笑い声とかが聞こえてきます・・・ぶきみです。なんとかステージを終えて、他の出演者の演奏を見に行きましたが、みなさんレベルが高い・・・自分の至らなさに少し落ち込みました。それはそれとして、今年最後の大きな行事も終わり、気持ちは大変楽になりました。ちょこちょことアルコールを摂取しながら家路につきました。

cache_Messagep2371IMG_2823
照明で怪しく光る・・・わたし・・・

来院案内
受診
外来
入院
もの忘れ
透析のご案内
治療食
歯科
レスパイト入院のご案内
コグニサイズについて
ルート送迎バスのご案内
禁煙外来
院内処方にこだわる理由