三野原病院トップページ  >>  お知らせ
お知らせ
TQM発表会が開催されました

毎年開催していた院内研究発表会が、TQM発表会に変わって今年で3年目を迎えます。

当法人を利用していただいている皆様、地域で活用していただいている皆様に、安全・安心はもとより、少しでも心地よい医療・福祉が提供できることを目指した、1年間の活動と成果を発表しました。治療やケアの質の向上に対する試みや、医療やケアに使える時間を少しでも長くするための業務改善など、どのチームも熱く語り、会場からは鋭い質疑が飛び交いました。発表内容は新たな課題を生み出し、来年度へとさらに引き継がれることになります。今年度は、残念ながら最優秀賞に該当する部署はありませんでしたが、透析室と泯江苑3Fの2部署に優秀賞が贈られました。

180217_TQM1
TQM発表会での質疑

180217_TQM2
優秀賞に輝いた泯江苑3F

180217_TQM3
優秀賞に輝いた透析室

日立製最新の骨密度測定装置が導入されました。

あなたの骨は元気ですか?

骨密度測定装置は骨粗しょう症を調べる検査機器です。
骨粗しょう症は、骨が弱まっていることを示し、あなたの骨折のリスクを高めます。全世界で60代以上の女性の3人に1人。男性では5人に1人がかかっている疾患です。また、やせた人やカルシウム不足の人、運動不足、閉経後の女性、高年齢などの方は骨が弱まりやすくなります。この検査はX線室にて行います。検査はエックス線を利用し腰部と股関節部にて測定し、入室から結果提出まで20分ほどでおわり正確な骨の状態がわかります。
ご利用は、病院スタッフに「骨密度検査を受けたい」とお気軽にお伝え下さい。または主治医にご相談下さい。

骨密度のお知らせ1
骨密度測定装置

ささぐりの里で豆まきを行いました。

2月3日は【節分】です。
職員が鬼に扮し、入居者様は無病息災を願いつつ、「鬼は外~」「福は内~」と豆をまきました。

昔は、季節の変わり目に鬼がやってきて、病気や災害など嫌なことを起こすと考えられていました。鬼に嫌なことを起こされないために、季節の変わり目には、精霊が宿るとされた大豆をまき始めたそうです。豆は魔(ま)を滅(め)するとも読め、鬼が集まってきやすい節分に豆をまいて、無病息災などを願ったとか。

支援センターの”鬼”も無事に退治できました。季節の変わり目のこの時期も元気に楽しく過ごしていきたいと思います。

 180203_節分
豆まき風景

来院案内
受診
外来
入院
もの忘れ
透析
治療食
歯科
レスパイト入院のご案内