お知らせ
R4年4月 職員の一言

<R4.4.4> 理学療法士

現在臨床の場で幅広く用いられている認知症の評価スケールといえばHDSR(長谷川dementia scale revisedリヴァイズデゥまたは長谷川式認知症スケール)と呼ばれる検査法が浮かぶ方は多いと思います。このHDSRは1974年に公表され、1991年に改訂されました。開発したのは認知症医療の第一人者で、様々な功績を残された精神科医の長谷川和夫先生です。長谷川先生はフォーラム等で「人が人を支えるということを忘れてはならない。」「支え合うことで認知症になっても大丈夫な社会が構築できる。」と力説されています。また早くから「パーソンセンタードケア」の理念を掲げ、現在の認知症ケアの主流となっています。その長谷川先生は2018年自ら認知症であることを告白されました。2年ほど前にNHKスペシャルで「認知症の第一人者が認知症になった」という特集が組まれ思わず見入ってしまいました。私はこの番組の中で印象に残っていることが2つありました。一つ目は長谷川先生がデイサービスで感じた”孤独”を口にしたことでした。長谷川先生はデイサービスを利用するようになったのですが、馴染めず利用を控えるようになりました。かつて自身が提唱したデイサービスに通わなくなったのは印象に残りました。二つ目はかつて先輩医師からの言葉で「君が認知症になって初めて君の研究は完成する。」との言葉を紹介されたことでした。前者は認知症と向き合う人間としての素顔と後者はメディア等に発信し続ける研究者としての素顔がみられたように思いました。特に研究者としては当事者となったことで、認知症に関わるすべての専門領域を自身で検証し、日々の生活そのものが研究であり、私たち医療者にとっての教材になっているようにも思えました。そして2021年11月13日に老衰により永眠されました。92歳でした。その番組で長谷川先生は以前と今では見える景色は変わらない、夕日が沈んでいく時、富士山が見えるとき、変わりはしない。と言われていました。認知症がいかに進行しても「自分らしさ」は損なわれることはなく、その人の尊厳を守っていくことの重要性を感じました。私たちもいずれは必ず介護を受ける側となり、介護が必要になる時がやってきます。個人で今、患者に出来る「パーソンセンタードケア」を行いつつ、認知症になっても安心して暮らしていける地域・社会の構築をこの病院から発信していけるよう日々精進していきたいと思います。

<R4.4.11> 社会福祉士

この4月、私は入職して26年目の春を迎えました。その大半を泯江苑で過ごし、今の在宅部門へ異動して3ヵ月が経ち、新人さんで言う試用期間が終わったところです。在宅部門は、一番職員が少なく、そうそう収益も大きく上がらない地味な部署で、法人からするとなかなかスポットが当たりにくい、どんなに頑張っていても陽が当たらない部署だと思ったのが第一印象です。ですが、自宅訪問の現場に出向けば、そこは自分以外に変わりがきかない体当たりの時間。自分の発する言葉や行動が全てで、常に緊張と責任感を背負って利用者やご家族に向き合っています。そして、部署との連携がスムーズにいってこそ成り立つ大事な部署です。これまで泯江苑が私の代名詞というぐらいに知名度もあり体に馴染んでおりましたが、異動の時に「在宅部門は法人の要だ」とおっしゃっていた院長先生の言葉が、今ではまさにそのとおりだなと実感しています。私自身がまだ慣れていないこともありますが、やっていることは本当に大変。大変で苦しいけど大事。地域から法人をつないでいる重要な部署だと言えます。まだまだ駆け出し3ヵ月ですが、今後も皆さんの協力をいただきながら大事な在宅部門の一員として努力していきたいと思います。

<R4.4.11> 看護師

私は、20年以上篠栗に住んでいますが、今まで篠栗四国八十八カ所霊場の参拝をしたことがありませんでした。昨年、当院の新人研修の引率をすることになり、南蔵院までの道のりの下見に歩いてみました。すると普段車で何気なく通り過ぎる道も違ってみえ、木や草花など景色を楽しみながら歩き、参拝すると心が穏やかになりました。今はコロナ禍で、外出を控え旅行にも行けない日が続いていますが、休みの日に時々篠栗参りをしてリフレッシュしています。まだ八十八カ所全部まわれていませんが、マイペースで歩いて参拝できたらいいなと思っています。

<R4.4.25> 看護師

最近は夜勤明けで1度寝ると起きれない事が多くなりました。嫁さんが入院し、手術して帰ってきた翌日の事になりますが、嫁さんの家族がうちの子達を送ってきた時、「火事すごかったね!」と言われました。外に出ると消防と救急と地元の消防団や野次馬が何件か先に集まっていました。火事が起きていることに夫婦揃って寝ていたので全く気づきませんでした。これが隣だったり、自分の家だったら危ない目にあっているなと思いました。皆さんもこれから梅雨・台風・災害に気を付けてください。

セミナー『安全運転研修』を開催しました。

4月6日から15日までの10日間、春の全国交通安全運動が開催されました。そこで、ランチョンセミナー『安全運転研修』を5月10日から12日に開催しました。昨年に引き続き、『危険予測』というテーマで、JAFが作成した「実写版」危険予知・事故回避トレーニングの映像から日常生活の身近にある危険を様々なシチュエーションごとに見てもらいました。

 今回は、住宅街編・駐車場編を見ていただきましたが、興味を持たれた方は、JAFのホームページを覗いてみてはいかがですか? 日頃から安全運転に心がけて下さい。

無題

「実写版」危険予知・事故回避トレーニング | JAF

 

安全衛生管理委員会 丸山(安全運転管理者)

ささぐりホームヘルプサービスより『特定事業所加算Ⅰ』を取得しました。

令和4年4月より当事業所では「特定事業所加算Ⅰ」を取得する事になりました。

bana4

 「特定事業所加算」とは、質の高い介護サービスを提供している事業所を評価する加算のことです。特に、専門性の高い人員を配置し、介護度が高い利用者等にも積極的に介護サービスを提供している事業所を評価するもので、地域における介護サービスの向上を目的としています。国の定める一定の条件を満たし、届け出を行うことにより適用されます。


取得要件には、

  • 全ての訪問介護員等に対し、訪問介護員等ごとに研修計画を作成し、当該計画に従い研修(外部研修含む)を実施している又は実施することが予定されていること
  • サービス提供に当たって、サービス提供責任者がヘルパーに対し、当該利用者に関する情報やサービス提供に当たっての留意事項を文書等の確実な方法により伝達してから開始するとともに、サービス提供終了後担当する訪問介護員等から適宜報告を受ける体制を整備していること
  • 緊急時等における対応方法を利用者に明示していること
  • 訪問介護員等の総数のうち介護福祉士の占める割合が30%以上であること
  • 全てのサービス提供責任者が3年以上の実務経験を有す介護福祉士であること

等があります。


 

>>> ささぐりホームヘルプサービス <<< 

 

ささぐりホームヘルプサービス

管理者 乙成

三野原病院のご案内
外来
もの忘れ
透析のご案内
治療食
歯科
レスパイト入院のご案内
コグニサイズについて
ルート送迎バスのご案内
禁煙外来
 





 
Google Map info.