三野原病院トップページ  >>  患者様へ  >>  レスパイト入院のご案内
レスパイト入院

当院は福岡県重症神経難病ネットワークの協力病院です。

在宅重症難病患者レスパイト入院事業福岡県が行っている事業になります。
福岡県に住所を有し、特定疾患医療受給者証の重症認定を受けている方で在宅療養中で呼吸器を使用されている方に対して、重症難病患者さんの家族等の介護者が必要とする時にレスパイト入院できる病院を確保し、在宅療養の継続を支援するための事業です。

当院では神経内科医が常勤で2名勤務していますので、地域医療の一環として在宅で療養されている難病の方のレスパイト入院を積極的に行っております。
レスパイト入院とは

レスパイトとは、本来は『小休止・一時休息』という意味です。
在宅介護などで介護者(家族)が疲れきってしまうことや共倒れを防ぐために短期間の入院をしたり、介護困難となるやむをえない状況(例えば近親者の冠婚葬祭など)が起こったときに、病院へ患者様を一時的に移すことをレスパイト入院といいます。

入院対象者

医療保険での医学的管理を必要とする患者様が対象となります。神経難病の方、人工呼吸器を装着された方、気管切開をされている方、静脈栄養の方等、治療に関わる処置が必要な方になります。

入院期間

数日から1ヵ月くらいが目安となります。

リハビリ

患者様の状態に応じて、リハビリを実施しています。当院では、専門の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が対応します。

利用方法

レスパイト入院の申込や相談については、下記の電話番号、地域連携室までお問い合わせください。

地域連携室の詳細は ⇒「こちら

来院案内
受診
外来
入院
もの忘れ
透析
治療食
歯科
レスパイト入院のご案内
コグニサイズ(教室)について
ルート送迎バスのご案内