三野原病院トップページ  >>  三野原病院について  >>  病院の特色
概要 地域包括ケアシステム
病院の特色

医療法人 泯江堂 三野原病院は、地域に根ざした良質な医療・福祉サービスの提供を目指しています。
長期療養を必要とされる方、重度の肢体不自由、障害を持つ方へ医療の提供を行っております。
2015年1月からは、急性期医療の終了後の受け入れを想定した地域包括ケア病床を導入しています。
併設する介護老人保健施設やグループホーム、介護付有料老人ホーム、訪問看護ステーション、ホームヘルプサービス、介護プランサービスと密接に連携し、地域に根ざした活動を展開しています。


■神経難病患者様の受け入れ
パーキンソン病や脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などの神経難病において、神経内科常勤医師2名、
神経内科非常勤医師1名で対応しています。神経難病患者様の介護者の負担軽減のためのレスパイト入院
にも対応しています。

■認知症への対応
認知症をもつ患者様が、肺炎などの急性期対応を必要とする場合の専用の病床(4床)を設けています。
また、併設する老健「泯江苑」には認知症専門棟(50床)をもって、後方支援を行っています。

■透析患者様への対応
透析患者様で入院治療の必要な場合、並びに外来透析に対応しています。

来院案内
受診
外来
入院
もの忘れ
透析
治療食
歯科
レスパイト入院のご案内
コグニサイズ(教室)について
ルート送迎バスのご案内
禁煙外来
院内処方にこだわる理由